【不安だらけ】初めてのアルバイトの心構え

WORK

現在の僕は飲食店の店長をやっていますが、

初めてのアルバイトは高校3年生の18歳の時でした。

僕の初めてのアルバイトの時の失敗談と学びをシェアします。

初めてのアルバイトで不安な人のための記事となります。

初めてのアルバイトは不安だらけです。

誰もが初めてのアルバイトは不安だらけです。

しかし、親からのお小遣いだけで生きていけませんよね。

不安の原因のほとんどは、失敗したらどうしようという気持ちからだったりします。

ですが、最初から完璧な人間はいません。

上司(社員さんや店長さん)も最初から完璧にできるとは思っていません。

初めてのアルバイトの心構え3つ

この3つさえ意識していれば、大丈夫です。

  • その①:できるだけ大きい声でハキハキ話す。
  • その②:教えてくれたことをメモる。
  • その③:わからないことがあったら、聞く。

以上です。順番に説明していきます。

その①:できるだけ大きい声でハキハキ話す。

声を出すのが苦手な人でも、ハキハキと話すことを意識するだけで印象が全く違います。

ごにょごにょ話す人よりも「はい!」とはっきり

言ってくれたほうが気持ちがいいものです。

声を出すのが苦手な人は、目をしっかり見て

頷きを大きくすることでカバーできたりします。

その②:教えてくれたことをメモる。

これ大事です。

メモを取ると3つのメリットがあります。

①同じことを聞かなくて済む。

 教えてもらったけど、忘れちゃうことってありますよね。

 メモを見れば思い出せます。

②記憶の定着率のアップ。

 人間ただ聞くだけだと、20%くらいのことしか覚えられません。

 メモを取る(手を動かし文字を書く)ことで、より覚えれるようになります。

③他の人との差別化ができる。

 普通のアルバイトは、自らメモを取ろうとはしません。

 つまりメモを取るだけで他の人よりも1歩リードできるということです!

その③:わからないことがあったら、聞く。

新しいことを教えてもらった時、わからないことが出てくるはずです。

先輩や上司から見れば当たり前なことも、初めてのアルバイトのあなたから見れば

「なぜそうするのかわからない。」

ということが多いはずです。

しかしそのわからないをそのままにしておくと、

「この前教えたよね?」となってしまいます。

なので、わからないことが出たら、その場で聞くようにしましょう。

店長から見たアルバイトさん

僕は現在、飲食店の店長をしており、

少なくても50人以上の新人アルバイトさんに教育をしてきました。

上記3つのことを最初からできたアルバイトさんはいませんでした。

つまり、最初から上記3つを意識するだけで、いい印象を与えることができます。

僕はアルバイト初日の子に対して、

今日は上記3つのことだけできればいいからね。と教えます。

上の3つができれば、新人さんとしては100点だからです。

なので、初めてのアルバイトでは上の3つの心構えを持ち出勤しましょう!

まとめ:失敗0で成長できた人はいない

当たり前ですが、店長(先輩や上司)も失敗0でここまできた人はいません。

人間ですので、失敗や忘れてしまうことはあります。

それをできるだけ少なくしたり、

1度間違えたことを、次間違えないようにすることが大事です。

  • その①:できるだけ大きい声でハキハキ話す。
  • その②:教えてくれたことをメモる。
  • その③:わからないことがあったら、聞く。

この3つを実践して見て、1、2週間はたらいて見てください。

最初の頃にあった不安や緊張は少なくなっているはずです。

アルバイトの経験は、「仕事をする」という経験や、「新しい出会い」

など、様々なことが経験できます。

もしかしたらそれは「失敗」という経験だったりしますが、

無駄な経験は1つもありません。

ぜひ、初めてのアルバイトに挑戦して見てください!

こちらの記事もおすすめです。

【接客業】初めてのアルバイト面接で大事なポイント

【仕事術】モチベーション維持のコツ

コメント