【大学生】1ヶ月の短期留学の費用(inアメリカ)

LIFE

こんにちわ。しょうごです。

私は学生時代、アメリカに1ヶ月の短期留学をしていたので、

短期留学の費用について、書きたいと思います。

・高校3年生で居酒屋のアルバイトを始める
・大学の建築学科に進学
・アルバイトリーダーになる
・在学中にアメリカに短期留学←ここの話です。
・卒業後新卒で飲食店に就職
・半年で店長に昇格
・新卒から2年でプログラミング勉強
・7年間務めた居酒屋を退職
・エンジニア独立に向けて修行中

大学生のアメリカ留学の費用は45万円です。

僕はそれくらいでした。

「ちょっと高くない?」と思う人も多いと思います。

まず、僕の場合は大学が用意しているカリキュラムで、

交換留学制度を活用した留学でした。

なので、学外のカリキュラムを利用した場合と比べて割高だと思います。

50万円の内訳

日本での出費と、アメリカでの出費に分かれます。

  • 日本での出費(渡航費+ホームステイ)=30万円
  • アメリカでの出費(食費+ショッピング+お土産)=15万円

こんな感じでした。

日本で学校に支払った金額の中には、渡航費とホームステイ代が含まれています。

アメリカ1ヶ月のスケジュールは、

出発 → サンフランシスコ3日 → ポートランド3週間 → シアトル3日 → 帰国

こんな感じでした。

ホームステイ先では、朝昼晩のご飯付きだったので、

普通に生活する分にはお金がかかりませんが、

お菓子食べたり、アメリカのお弁当食べたり、コーヒー飲んだりしたので

ホームステイ代プラスで食費かかってます。

留学中の詳しい出費

まず、ホームステイ以外の、サンフランシスコとシアトルの計1週間は、

3食ふつうに食費がかかりました。

マックだったり、INnOUTだったり、ピザだったり、

まぁふつうに外食してました。

物価はほぼ日本と変わらないくらいでした。ちょっと割高かな?

ポートランドでの3週間は、食費よりも遊びにお金を使いました。

僕の場合はスニーカーが好きだったので、スニーカー2足買って帰るという。笑

あとはコーヒーだったり、遊びに行った時の外食代だったり、

計算して使っていたものの、15万円くらいはかかってしまいました。

現金ももちろん持って行きましたが、クレジットカードがあると便利です。

向こうでは、コンビニなんかもクレジット払いが当たり前ですからね。

今の日本もだんだん近づいていってますね。

留学時のクレジットカードの必要性についてはこちらの記事、

大学生で留学行くんだけど、クレジットカードって必要?を参考にしてください。

結論:余裕持って貯金しよう

お金を心配しながらの留学だと楽しめない場面も出てきます。

お土産、自分の買い物など、

お金に余裕があったほうがいいでしょう。

僕はもっと現地の食事を食べておけば…と思います。

もう少しお金に余裕があれば、

お昼ごはんを日替わりの弁当にすることもできたはずなので!

アメリカ1ヶ月の短期留学、

現地で使う金額は15万円〜20万円で十分じゃないでしょうか。

渡航費は学校のカリキュラムなのか、などで変わってくるので

学校などに問い合わせてみてください。

最後に、留学はすごくいい体験ができますよ!

大学生なら、在学中に1度は行ってみるべきだと思います。

それでは、楽しんでください!

おすすめ記事

大学生で留学行くんだけど、クレジットカードって必要?

コメント