【留学前の準備】現地で英語を学ぶ、その前に!

LIFE

「留学前に、何か勉強しなきゃ!どうしよう!」

「半年後、語学留学に行くんだけど、何を勉強すればいい?」

そんな疑問にお答えします。

・高校3年生で居酒屋のアルバイトを始める
・大学の建築学科に進学
・アルバイトリーダーになる
・在学中にアメリカに短期留学←ここの話です。
・卒業後新卒で飲食店に就職
・半年で店長に昇格
・新卒から2年でプログラミング勉強
・7年間務めた居酒屋を退職
・エンジニア独立に向けて修行中

留学が決まると、嬉しい反面、不安な気持ちも出てきますよね。

実際に留学に行った僕が、「留学前にやっとけばよかった…」

ってことをシェアさせていただきます。

【留学前の準備】現地で英語を学ぶ、その前に!

結論から言います。優先順位1位は、圧倒的に語彙力です。

なぜ語彙力が大事かと言うと…

下記で説明します。

僕が留学前に学習したこと

僕が留学に行くことを決めてから、実際に留学に行くまで9ヶ月ほどの時間がありました。

勉強は、毎週1回の英語のクラスのみでした。

そこで行なっていた学習は、

  • 新しい英単語の暗記
  • スピーキング
  • リスニング
  • 頻出の文法の暗記 etc…

こんな感じでした。

実際に行ってみて感じたこと。

「さぁ、留学だ!!」

と、意気込んでアメリカに飛び立ちました。

そこでの率直な簡素は、「意外と、通じるな。」です。

100%正しい文法ではなくても、理解してくれているという印象でした。

もちろん、そこに甘えていたら英語力は上がらないのですが、全く通じずご飯が食べれない…

みたいな状況にはならなかったです。

現地で生活してみて

そこから、1週間、2週間と現地の生活をしていると、まず耳が慣れてきます。相手の言っていることが理解でき始めたら、リスニング力が上がっている証拠です。

その後は、文法、発音をホストファミリーや先生に直されながら、生活を続けていきます。そうすると、「あれ?なんか通じるようになってきたな…」と感じるようになってきます。

毎日、生の英語を聞き、しゃべらざるを得ない状況になると、人間成長していきます。笑

留学終盤で

あっという間に、3週間が過ぎ、帰国の日が近づいてきます。

そこでの感想は、「もっと居たいな。」

「あと、1ヶ月いればもっともっと話せるようになるな。」

って感じでした。

留学前と比べると、英語力は上がりました。

ただ、何か話すとき、文法を作ろうにも、単語が出てこない…

こんなことが多くありました。もちろん辞書で調べるのですが、

そもそも語彙力があれば、もっとホストファミリーと話す時間を作れたな…

という思いです。

結論:現地で勉強すること、日本で勉強することを分ける。

発音に関しては、生の英語を聞いて直せばいいし、

リスニングに関しても、現地で生活していれば聞き取れるようになります。

なので日本での勉強としては、第一に語彙力、

その次に基礎の文法などを勉強することをオススメします。

それでは、英語の勉強、頑張ってください!

おすすめ記事

大学生で留学行くんだけど、クレジットカードって必要?

コメント