【飲食店】アルバイト教育論:入社2日目〜10日目

WORK

「アルバイトの教育がうまくいかない…」

「思うように動いてくれない…」

そんな悩みのある店長さん、社員さん向けの記事です。

1日目の記事はこちら→【飲食店】アルバイト教育論:入社1日目〜

・高校3年生で居酒屋のアルバイトを始める
・大学の建築学科に進学
・アルバイトリーダーになる
・在学中にアメリカに短期留学
・卒業後新卒で飲食店に就職←ここの話です。
・半年で店長に昇格
・新卒から2年でプログラミング勉強
・7年間務めた居酒屋を退職
・エンジニア独立に向けて修行中

【飲食店】アルバイト教育論:入社2日目〜

前回の記事を見てない人はこちらから→【飲食店】アルバイト教育論:入社1日目〜

続きからやっていきます。

前回の振り返り

2日目、出勤したら、前回の宿題をできたかどうか確認しましょう!

前回の宿題は、「家に帰ってからメモ帳を見返す」でしたね。

その後は、前回何やったかを、本人に言ってもらいましょう。メモ帳を見返していれば、ある程度覚えているはずです。

そのスタッフに合わせて教育をしていく

ここからはそのお店の仕事内容、役割、ポジションなどによって変わってくるので、具体的にこれをやっていきましょうというのは、難しいです。なので、教育をする上での考え方を共有していきます。

スタッフ教育NGパターン

よくあるNGパターンとして、

  • ①口頭で教える
  • ②やってみてみてもらう
  • ③終了
  • ④実践へ

こういうパターンがありますが、実際そんなにうまくいくことばかりではないです。

大事なのは、「正解の確認」と「フィードバック」です。

なんでもそうですが、教育というのは、「理想と現実のギャップ」を埋めていく作業です。

具体的にいうと、「理想→100点の正解」、「現実→スタッフの現時点」ここにある「ギャップ→差」を教えて、100点に近づけていきます。

なので、このようにします。

スタッフ教育OKパターン

  • ①店長・社員さんが100点の正解を見せる
  • ②見せながらメモをとってもらう
  • ③質問があるか、確認
  • ④やってみてもらう
  • ⑤フィードバック
  • ⑥やってみてもらう
  • ⑦フィードバック
  • ⑧実践へ

これが、理想の教育の仕方です。

もちろん最初から出来ていれば、そのまま実践へ言ってもらって構いませんが、難しいことをやってもらう時などは、しっかりフィードバックしてあげましょう。

基本、「店長→スタッフ」に仕事などを教えると思いますが、100%で伝わっていくことはありません。伝言ゲームみたいなもので、人から人へ伝えていくと、少しづつズレが生じていきます。

なので、最初の「店長→スタッフ」、ここの部分のクオリティをしっかりあげていくことが、大事になってきます。

失敗体験をさせない

失敗体験と、成功体験というものがあり、

失敗体験→「お客様にビールをかけてしまった。」など

成功体験→「お客様にありがとうと言ってもらった。」など

この、失敗体験をさせずに、成功体験を積ませていく事が大事になってきます。

成長のための失敗体験は、必要になってくる時期もありますが、この段階では必要ありません。

教え方・伝え方

とはいえ、「アルバイトさんが覚えてくれない」や、「伝わっていない」こともあると思います。そういう時に、「なぜ覚えていないんだ!」、「覚えが悪い!使えない!」そんなことを言葉にしてしまえば、アルバイトさんからの信頼は急降下です。

まずは、「自分の伝え方が悪いんだ」と、自責の念を持ちましょう。

僕が教育をする時、「本質を伝える」ということを意識しています。

例えば、「グラスは下の方を持つ」というルールがあるとします。これを教える時に、

「グラスは下を持ってね!」と教えるより、

「グラスは下を持ってね!なぜかというと、上の部分はお客様が口をつけるところだからだよ。」

と、教えてあげたほうが頭に入ります。この、なぜかというと〜が「本質を伝える」ということです。

〜10日目までは、要確認

10日出勤するまでは、2週間から3週間かかるでしょう。この間は、フィードバックを含め、しっかり教育していきましょう。毎回の営業後に簡単にできる宿題を出して、記憶の定着率を高めていきましょう。

【飲食店】アルバイト教育論:10日目終了

ここまでで、アルバイトさんの最初の10日が終了しました。

アルバイトさんの今後の働き方は、この最初の10日で大きく変わってきます。

ここから、

  • 新人スタッフ(1ヶ月〜3ヶ月)
  • 通常スタッフ(3ヶ月〜1年)
  • ベテランスタッフ(1年〜3年)
  • アルバイトリーダー級スタッフ(期間は関係ない)

と、成長していきます。ここら辺の教育に関しても、まとめていきます。

コメント