【飲食店】アルバイト教育論:初出勤までにやる事

WORK

「アルバイトの教育がうまくいかない…」

「思うように動いてくれない…」

そんな悩みのある店長さん、社員さん向けの記事です。

1日目の記事はこちら→【飲食店】アルバイト教育論:入社1日目〜

2日目以降の記事はこちら→【飲食店】アルバイト教育論:入社2日目〜10日目

・高校3年生で居酒屋のアルバイトを始める
・大学の建築学科に進学
・アルバイトリーダーになる
・在学中にアメリカに短期留学
・卒業後新卒で飲食店に就職←ここの話です。
・半年で店長に昇格
・新卒から2年でプログラミング勉強
・7年間務めた居酒屋を退職
・エンジニア独立に向けて修行中

【飲食店】アルバイト教育論:初出勤までにやる事

入社が確定したアルバイトさんの、初出勤までにやることを書いていきます。

流れとしては、

  • ①面接
  • ②採用・入社手続き
  • ③アルバイト研修(できれば)
  • ④初出勤

という流れになるかと思われますが、僕がやっていた、ここのポイントをお話しいていきます。

①面接

ここはアルバイトさんを見極める一番大事なポイントになります。

せっかく採用しても、1、2ヶ月で辞められてしまっては、「教育のための人件費」や、「採用費」がもったいないです。長く続けてくれる子を採用したいですよね。

面接の際に、僕がみているポイントは、

  • ①人間力
  • ②出勤可能日数

この2点を重点的にみてます。

人間力

この子は、人間として当たり前の事ができそうか?という視点で見てます。

具体的には、

  • 面接の5分前に来れているか(時間が守れる)
  • 清潔感はあるか、無精髭は生えていないか(清潔感)
  • 頷きや、返事はあるか(聞く姿勢) など

要するに、第一印象がとても大事になってきます。

面接官が受ける最初の印象というのは、お客様が接客を受ける際の最初の印象に似てます。

ここが良くないと、いくら週5回出勤可能でも、お客様にいい印象を与えることはできません。

出勤可能日数

ここは、人間力の次に見ます。

その店ごとによりますが、適正な回数を出勤できる人材を採用してください。

②採用・入社手続き

ここでは特に注意はありませんが、事前に共有することはしっかり共有しておきましょう。

③アルバイト研修(できれば)

ここはできれば、出勤前にやったほうがなお良しです。

最初の出勤までに、やっておきたい研修や、共有事項を伝える事ができます。

僕が入社前研修をするときは、

  • 会社概要
  • 店での仕事内容
  • 入社研修、考え方

などを共有していました。

④初出勤

ここから初出勤をしてもらいます。

基本の仕事などを前もって知っていると、スムーズに業務に入れます。

1日目の記事はこちら→【飲食店】アルバイト教育論:入社1日目〜

2日目以降の記事はこちら→【飲食店】アルバイト教育論:入社2日目〜10日目

【飲食店】アルバイト教育論:まとめ

入社から、アルバイト10日目ぐらいまでの期間が、その後のアルバイトさんの型になっていきます。しっかり教育して、即戦力になってもらいましょう。

誰かのためになれば、幸いです。

それでは。

コメント