元飲食店の店長がエンジニアになる理由【デジタルノマド】

LIFE

飲食店の店長だった僕が、エンジニアを目指す理由を語ります。

転職を決めたきっかけ

飲食店の店長をしていた僕は、アルバイトの頃から見てきた理想の店長になるため、理想の店舗を作るために日々働いてました。仕事をやめたいと思ったことはなく、将来的にはもっと昇格してもっと責任のあるポジションにつき、会社を成長させるために力を尽くすんだな…と漠然と考えてました。

きっかけは海外旅行

転職を決めたきっかけは、海外旅行でした。

フィリピンのセブ島に旅行で行った時、ジンベイザメの間近で泳げるアクティビティがありました。実際に目の前に10mを超えるジンベイザメが優雅に泳いでいる姿を見て、単純に感動しました。

そして、もっと海外旅行がしたい!と思いました。

でも考えてみると、普通に働いていたら多くて年1回行けるか行けないかという現実が待ってました。この時にはもう「転職」という言葉が頭にちらついていました。

海外を旅をしてまわりたい

海外住もうかな?とか、ワーホリ行こうかな?とか、いろいろ考えましたが、

例えばアジアに住むとすると、

  • 物価が安いため、現地の仕事をすると生活が大変
  • 貯金をしてから行ったとしても、お金は増えない

など、難しいかなと思いました。

かと言って物価の高い国に移住するとしても、

  • 技術力がないため、接客業などの普通の労働しかできない
  • 得ることのできるスキルは英語のスキルくらい

英語のスキルが身につくのは良いことですが、生活をするだけで手一杯になってしまう。

こんなことを考えているうちに、

「アジアなどの物価の低い国で、日本円を稼げば良いんじゃない?」と考えました。

たどり着いた「デジタルノマド」

いろいろ調べていると、「ノマドワーカー」という働き方があるということを知りました。

ノマドワーカー:場所に囚われずに、自由な場所で働く人のこと。

海外では、PCなどデジタル機器を使い、この働き方をしている人を「デジタルノマド」と呼ぶらしいです。

調べていくと、「世界を旅しながらPC一つで仕事をし、日本円を稼ぎながら生活をしている。さらに、物価の低い国で暮らすことによって、生活コストをガツンと下げてガンガン貯金をして生活をしている。」

こんな人がいるのか!と眼から鱗でした。自分の希望を全てかなえた働き方だったからです。

これが僕の夢になりました。

どうやって実現するか

さて、夢は決まりました。

今まで「将来の夢」というものがなかった僕にとって、すごい衝撃でした。

あとは、どうやって、この夢を実現するかです。

エンジニアの友達からの助言

どうやってデジタルノマドになるかを考えている時に、たまたまエンジニアの友達に会う機会がありました。その友達に、プログラミングについて聞き、興味を持ちました。

家に帰り速攻「プログラミング」について調べ、翌日にはもう学習をスタートさせ、コードを書いていました。

やってみた感想は、「あ、なんか楽しいかも。できるかも。」でした。

プログラミング学習の日々

そこからは、行動のみでした。

夜の1時に帰宅し、3時頃までコードを書く日々。

エンジニアの中でも「WEBデザイン」の領域は比較的稼ぎやすいということや、6ヶ月ほどの学習期間で10数万稼げる人がいるということを知りました。

あとは、この目標に向かって努力していくだけです。

エンジニアになることは目標ではなく、手段

目的はデジタルノマドとして海外を旅することで、エンジニアとして働くことは単なる手段です。ぶっちゃけ月に30万くらい安定して稼げればなんでも良いです。

この夢に向かって、努力してきます。

  • 目的:海外を旅する
  • 目標:デジタルノマドになる
  • 手段:現在はエンジニア、アフィリエイト

って感じです!

これからも日々、「目的から逆算してどう行動してくかを考えてく」ことを意識していきます。

では、また。

コメント