飲食店マニュアル:用語解説

WORK

飲食店マニュアルとして、用語解説、導入メリットを記載してきます。

飲食店マニュアル:用語解説【型】

飲食店用語の「型」について解説していきます。

型とは

型という言葉を聞いたとき、何を思い浮かべますか?

空手の型、柔道の型、茶道の型など、日本で古くからある芸術、スポーツにおいて、「型」という言葉はずっと使われていて、今も使われ続けています。

日本人には、型というものに美しさを見出す感性をもっています。

わかりやすくいうと、「揃っている=なんか心地いい」となるわけです。

型を作るメリット・デメリット

メリット

  • ①綺麗
  • ②違和感に気づく
  • ③迷いがなくなる

解説:

綺麗 → なんとなく心地いい、綺麗に見える。

違和感に気づく → 型とは、「普通の徹底」ということで、全員の共通認識として、「普通」を作るということです。なので、普通を徹底することによって、逆に違和感に気付きやすくなります。「ハシが一本ずれている。」や、「胡椒がかかっていない」や、飲食店では御法度の「異物混入」なんかも防ぎやすいです。

迷いがなくなる → 「料理をセンス良く盛り付けして」という指示をすると、迷ってしまいますよね。それよりも盛り付けの型を決めることによって、迷いが生まれずスピーディに作業できます。テーブルセットも一緒です。

デメリット

  • ①型を作るの手間がある
  • ②最初覚える必要がある

解説

型を作るの手間がある → 最初に型を作る必要があるので、手間がかかります。

最初覚える必要がある → 型を覚えるために労力を使います。

※上記2つはデメリットですが、メリットの方が大きいので、最初の初期投資することで、のちの作業効率で回収できます。

型の導入例

例)

テーブルセットの型:

  • お皿の真ん中にハシを揃えておく。
  • メニューはメニュー立てに揃えてお料理メニュー、飲み物メニューの順番。
  • メニューの右側に灰皿、左側に取り皿

など。

料理の型:

  • お皿の向き
  • わさびは右下
  • 調味料をかける順番

など。

写真を印刷しておいて、見比べられる状態が望ましいです。

導入し、しっかり統一することによって、スタッフに迷いがなくなり、スピーディになります。ですが、中途半端になると、機能しないので、忙しい時も常にその型も守ることが大事です。

今後こちらのマニュアルも随時更新していきます。

それでは。

コメント