1ヶ月の短期留学って効果ある?英語力UPのコツ

LIFE

「短期留学を考えているんだけど、英語力上がるか心配…。」

「1ヶ月で出来るだけ英語力をあげたい!」

こんな人向けに記事を書きました。

・高校3年生で居酒屋のアルバイトを始める
・大学の建築学科に進学
・アルバイトリーダーになる
・在学中にアメリカに短期留学←ここの話です。
・卒業後新卒で飲食店に就職
・半年で店長に昇格
・新卒から2年でプログラミング勉強
・7年間務めた居酒屋を退職
・エンジニア独立に向けて修行中

アメリカに1ヶ月の短期留学をしていた僕が、

実際の経験を踏まえて英語力UPのコツを話します。

1ヶ月の短期留学について:メリット

1週間の短期留学から、半年から1年以上の長期留学まで、様々なカリキュラムが用意されています。

目的に合わせた期間とカリキュラムを選んでいってください。

まず、短期留学のメリットについて。

  • 短期集中できる。
  • 短期間で終わる。
  • ヒアリング、スピーキングが伸びやすい。

これらがあげられます。

短期集中できる。

1ヶ月間の集中勉強出会ったり、目的を持って行動しやすいです。

例えば、

  • 毎日1時間はホストファミリーと話す。
  • 毎日1フレーズ新しい表現を覚える。など

長期的に継続は難しくても、1ヶ月間の集中なら継続しやすいです。

短期間で終わる。

これもメリットだと言えます。

  • 初めての海外生活に不安がある人
  • 英語をは話すことに慣れたい
  • 海外生活を体験してみたい

短期の留学経験があれば、その後のステップアップとして、長期の留学にも踏み込みやすかったり、

英語を話す経験や、海外生活を体験したい人など、お試しで留学するのであれば、

1ヶ月の短期留学はベストだと言えるでしょう。

ヒアリング、スピーキングが伸びやすい。

1ヶ月と言う短い期間でも、特に伸びる部分が、

  • ヒアリング
  • スピーキング

ここだと思います。

日常的に英語を聞くことによって、ヒアリング力は格段に上がると思います。

クラスメイトや、ホストファミリーと話すだけでもスピーキングも伸びやすいです。

ライティングやリーディングなどは、日々の積み上げが大事になり、1ヶ月で格段にレベルアップ!!と言うのは難しいと思いますが、この2点は伸びやすいと言えます。

1ヶ月の短期留学について:デメリット

続いてデメリットです。

  • 時間が足りない
  • 費用が高め

この2点だと思います。

時間が足りない

これについては先ほども少し触れた通り、

「ライティングやリーディング」や、「TOEICで高得点を目指す!」

もちろん少なからず日本で勉強するよりは伸びると思います。ただ、上記を本格的に狙うのであれば、少なくても3ヶ月〜4ヶ月、もしくは1年の長期の留学が適していると思います。

僕も1ヶ月の留学から帰るときには、もう1、2ヶ月入れたら、もっと英語力がついたな…

と言う思いで帰国しました。

費用が高め

これも感じたことで、留学費用の半分ほどが「航空券の金額」で占めていたことから、

長期的に留学する方が、割高つまり、コスパがいいように感じました。

留学をする国にもよりますので一概には言えませんが、

アメリカ、カナダなど遠い国の場合はそうなることが多いようです。

まとめ:留学期間と目的

短期留学がオススメ:

  • 初めての海外生活に不安がある人
  • 英語をは話すことに慣れたい
  • 海外生活を体験してみたい

上記の人は、まず1ヶ月の短期留学をオススメします。

長期留学がオススメ:

  • 過去に短期留学の経験がある
  • TOEICなどで高得点を目指している
  • 将来、海外で就職を考えている

上記の人は、長期留学に出て英語力の向上を目指してください。

英語力UPのコツは、目的に合わせた留学を選ぶ。

と言うことです。

この記事が、留学を考えている人の後押しになれば嬉しいです。

おすすめ記事

大学生で留学行くんだけど、クレジットカードって必要?

コメント