MacBook Pro 2016年モデルのバックライトが付かなくなった!【修理対象かも】

2019年9月、MacBook Proの画面が付かなくなり、再起動から初期化まで試しても音沙汰もない、という状態になってしまいました。

解決方法があったので、記載していきます。

MacBook Pro 2016年モデル故障

僕は2016年に仕事用でMacBook Proを購入しました。

まだ3年も経っていないのに…って感じで、Appleサポートに行ったところ、

全額負担で、修理しかないと言われました。

他にも破損部分があったので、14万ほどということで、

「新しいの買った方が早いかな。」と、気になっていたiMacを購入しました。

iMacをメインで使って1ヶ月半くらい経過した時にふと思い出し、

壊れたMac Book Proのディスプレイだけ修理できないかな?と調べました。

すると…

Apple公式

Apple – 13インチMacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム

あれ?これ、僕のMac Book Proの症状じゃない?

速攻モデルを調べたところ、

対象のMacBook Pro (13-inch, 2016, For Thunderbolt 3 Ports)でした。

13インチMacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム

どうやら、一部の13インチMacBook Proに以下の不具合があったらしいです。

  • ディスプレイのバックライトが、画面の底部に沿って明るい縦方向の領域を継続的または断続的に表示する。
  • ディスプレイのバックライトがまったく機能しなくなる。

修理対象モデルのMscBookは下記です。

  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)

これに当てはまる人で、バックライトの不具合の症状がある場合は修理対象らしいので、Appleサポートに行ってみてください!

なお、既に有料修理をしてしまっている場合は返金もあるらしいです!

Apple – 13インチMacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム

これからバックアップとって修理持っていくので、追記しますね。

追記:2019年11月15日

Appleサポートに持って行ったところ、ディスプレイの全面交換を無料で行ってくれるとのことでした!よかったです!

もしディスプレイがつかなくなってしまった場合は、確認してみてください!

コメント